ガソリン代に悩む人の強い味方、それがガソリンカードです。

節約したいけど、生活するうえで必要なのでなかなか節約できない、そんな出費のひとつがガソリン代です。
このガソリン代を不便なく節約できる素敵なカード、それがガソリンカードです。

 

このガソリンカードの特徴は、ガソリン代の支払いに特化したクレジットカードであるところです。
もちろん、食料品購入など通常の買い物にも使うことが出来ますが、このカードは、ガソリンスタンドでガソリンを買うときに本領を発揮するカードです。
なので、ガソリン代支払い専用のカードだと、覚えておくと良いでしょう。

 

では、このガソリンカードを使うとどうお得になるのでしょうか。
実は、このカードを使ってガソリンを入れると、リッター当たり2円ほど割引になります。
値引き額や値引きできる店舗の種類はカードごとに異なりますが、基本的には、カードを使って支払いをする事で、普通に現金を使って支払いをするより、お得に支払いをすることができます。
それ以外にも、カードごとに(条件付で)故障時のレッカー代が無料になるなど、魅力的な特典があります。
年会費も(条件付で)無料のカードが多いので、車に乗る人なら、1つくらいは持っておいたほうがよいでしょう。

 

ちなみに、ガソリンカードには、コスモカードや昭和シェル石油カード、エネオスカードなど色々なカードがあり、それぞれ微妙に特徴が違いますので、

(ガソリンの値引き額や、どの系列のガソリンスタンドで割引してもらえるかなどが、カードによって違います)

それを考えた上で申し込みをすると良いでしょう。

 

安くガソリンを入れるにはカードの利用は欠かせません

通勤で自動車を利用している場合、日々のガソリン代を少しでも安くできるに越したことはありません。それには現金で支払いを行うのではなく、ガソリン用のクレジットカードの利用をおすすめします。

このガソリン用のクレジットカードにはたくさん種類があり、常にリッター当たり1円や2円程度お得になるカードや、利用金額によってこの割引率が変わるようなカードがあるので、自分に合ったカードを選択することが大切になります。

 

基本的には、普段よく利用しているガソリンスタンドと提携しているカードを作るのが一番いいでしょう。申し込みはそのスタンドで行うことができて、カードは後日自宅まで郵送されてくるので、申し込み用紙を書いて提出する程度の手間だけでガソリン用のクレジットカードを手に入れることができます。
また、カードで支払いを行うことで、料金は後からまとめて銀行口座からの引き落としになる為、その都度の支払いが発生しなくなり、仕事に行く前にガソリンを入れる必要がある場合など、少しでも早く給油を済ませたい時にも大変便利になります。

 

特に普段利用するスタンドが決まっていない人は、このカードを作る機会に行き付けのスタンドを決めてはどうでしょう。例えばそのスタンドがENEOSだった場合、他のENEOSのスタンドでも同様のサービスを受けて利用することができます。

ガソリン代をカードで支払うと、そのガソリンが安くなることに加えて、クレジットカードのブランドとしての特典も受けることができます。このクレジットカードにはJCBやVISAなどのブランドが付いているので、それぞれのポイントがガソリンの利用料金によって溜まっていきます。利用金額によっては、これも充分にお得な要素になると言えるでしょう。

 

もちろん普通のクレジットカードとしての利用もできるので、ガソリン以外のショッピングに利用しても構いません。

このように、日常的に自動車を利用している人にとって、このガソリン用のクレジットカードは持っていて全く損はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ