楽天カードのメリットデメリットはいろいろ

楽天カードにはポイント還元率が高いと言うメリットがあります。
通常のお買い物では100円につき1ポイント貯まります。
1ポイント1円相当なのでポイント還元率は1%です。
クレジットカードのポイント還元率の相場は0.5%と言われていますので楽天カードならその2倍です。

 

楽天市場でのお買い物に楽天カードを良く使用していますが、ショップのポイントとカードのポイントとダブルで貯まってお得でした。
楽天カードと言うと貯めたポイントは楽天グループでしか使用できないイメージがありました。

 

しかし楽天ポイントカード機能付きだったので楽天ポイントカード加盟店のレジでポイントの使用ができました。
インターネットでお買い物する時に気になるのが不正利用です。

 

もしカード情報が悪質な者に漏れてしまうと、勝手に買い物されかねないです。
そんな時でも楽天カードならネット不正あんしん制度があるためにインターネットでお買い物する際に安心感がありますね。

 

もし注文後に商品が届かないと言う事があっても商品未着あんしん制度で補償が受けられます。
便利でお得なクレジットカードなのに年会費は永年無料です。
その代わりにステータスは無いと言うデメリットがありました。
海外旅行傷害保険が付帯されていますが自動付帯では無く利用付帯です。

 

以前に自動付帯だと思って海外旅行に行った事があり、後で利用付帯だったと気づいた事がありました。
万が一の時に補償が受けられないため、このあたりを改善してくれると嬉しいですね。
しかし電車、バス、タクシーと言った交通機関のお支払いに楽天カードを利用すれば良いので利用付帯と言ってもすぐに条件を満たせました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ