作るのは面倒だけど、それ以上の恩典がある

ETCカードはあると便利とは友達から聞いていましたが、面倒くさがり屋の私は、カードを作るのが面倒でした。なので、長い間作らず現金で払っていましたが、ETCカードを使うと現金で払うより高速代金が安くなると聞き、やっと重い腰をあげました。

 

ETCカードをどこの会社で作るか迷い、いくつかインターネットでも調べましたが、あまり差がないように思ったので、自分が持っている三井住友VISAカードの三井住友ETCカードを作ることにしました。

三井住友ETCカードを選んだ理由は、まず大手なので、個人情報だけ抜かれてカードが届かないなどということもなく、安全だろうと思ったからです。

 

2番目は三井住友VISAカードをすでに持っているので、入会の審査も簡単に通るだろうと思ったからです。

実際に三井住友VISAカードを持っていたので、ETCカードも簡単に作れました。なので、ETCカードを選ぶのが面倒だったら、自分がすでに持っているクレジットカード会社が発行しているETCカードを選ぶのもいいと思います。

 

ETCカードを実際に持ってみると、高速道路の料金も割引になりますし、何より小銭や1000円札などを用意しておくこともなく料金所を通れるので、とても便利です。

「ETCがあればもっと早くから割引になったし、小銭の用意も必要なかったのに、どうして申し込まなかったんだろう」と思いましたが、申し込むのが面倒だったということを思い出しました。

 

確かに申し込みをするのは面倒ですが、1回だけ申し込めばあとはずっと使えるので、ぜひETCカードを持つことをおすすめします。

ETCカードの選び方について

よく高速道路を使う人ならETCカードを作りたいと思っている人も多いと思います。特にポイントで得をしたいと思う人が多い女性なら男性以上にETCカードを作りたいと思う人がいるかと思います。

でも実際にこれからETCカードを作ろうと思っている人もどのカード会社のETCカードを作れば良いか迷っている人も多いと思います。

 

そういう人に私がおすすめするETCカードの選び方というのは基本的にETCカードは年会費が無料の物を選ぶようにするのが鉄則です。

それでETCカードを作ったために損をしてしまうという事態は避ける事が可能になります。次に考えるべきはETCカードの発行手数料が無料の物を選ぶようにする事です。

 

これもカード会社によっては有料の所もあるので発行手数料が無料の物を選ぶのが良いです。またETCカードによってはカードの更新でも手数料が掛かる物もあります。

これも更新手数料が無料の物を選ぶのが良いです。そして次に気にすべき事はカードを使って貯まるポイントがどういう物かという点です。

 

これもカードによっては全く意味がないようなポイントが貯まる事もあります。それを避けるためにもそのETCカードを使うとどういうポイントが貯まるか調べておく必要があります。

 

一番良いのはETCカードで貯まったポイントで買い物ができる

物がおすすめです。そうしないとせっかくポイントが貯まっても欲しくもない物としか交換できないので意味がないです。

 

なのでETCカードの選び方は上記の事を気にして選ぶのが良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ